No.
1号1998.3
2号1998.10
3号1999.1
4号1999.7

1999.11

2000.5

2000.7

2000.11

2001.3
2001.7
2001.11
2002.4
2002.7
14


2001.11

「郷土の木コカリナコンサート」のおすすめ

今、日本コカリナ協会では全国の行政(市町村)に、「その土地の木でコカリナを作り、そのコカリナのコンサートをしましょう」、と呼びかけています。

 コカリナは、「これほどに木が持っている優しさを表現できる楽器はない、(ウッディーライフ誌)」と言われ、今、木に携わる方々に大変注目されています。  そこで特に木と深い関わりを持ち、自然に恵まれたみなさんの町や村の木でコカリナを作りコンサートを行ってみませんか?コカリナは基本的にはどんな木からでも作ることが出来、それぞれの木がそれぞれの特徴を持った音を出してくれます。その木でできたコカリナをプロの演奏家(黒坂黒太郎など)が演奏、または、その町村の子ども達(大人達も一緒でもよい)が練習、同じステージで演奏することもできます。  みなさんが祖先から受け継ぎ守り育ててきた、みなさんの郷土の木はおそらく限りなく美しい音を奏でるでしょう。そして、そのことにより住民の皆さんがまたこの故郷の素晴らしさを実感し、この故郷の自然に誇りを持てるでしょう。  さらに、これを機会に皆さんの「郷土の木のコカリナ」として製品化することもでき、特産品として「町村おこし」に役立たせる事もできます。  地元の皆さんへのコカリナの指導はコンサート何ヶ月か前に日本コカリナ協会の公認指導員が出向き行います。また地元小中学校の音楽の先生などとも連携して行えればと思っております。

◇木が音楽になることによって、木の素晴らしさを多くの人に知ってもらうことが出来ます。郷土の木の宣伝に大きく貢献できます。
◇郷土の木のコカリナを子ども達や皆さんがが演奏することにより、郷土愛をより深めることが出来ます。
◇音楽情操教育の面でも大きな役割を果たせます。楽器などやったことがない方も、これを通 じてコカリナという楽器にふれ、楽器演奏ができるようになります。
◇みんなが参加する市町村の文化行事として位置づけることが出来ます。
◇自然とふれあうコンサートですので都会の方たちを呼び、観光にも役立たせることが出来ます。

これらを皆さんが住んでいる自治体、出身地、仲良くしている町村、に呼びかけていただけませんか?もっと詳しい資料が欲しい方にはお送りします。またこの企画にふさわしい市町村をご紹介下されば資料をこちらからお送りします。        【日本コカリナ協会事業部】


バリトントリプルコカリナ、片手コカリナ 完成

 以前から研究が進められていて「早くできないか?」と催促されていたバリトントリプルコカリナ、片手コカリナが完成、発売されます。バリトントリプルはソプラノトリプルと同じ原理でパンフルートの様に横にずらして演奏します。右管(R管)の低い音をどのように出すか苦心しましたが試行錯誤を繰り返しようやく主管と違和感がないような音を出すことに成功、実に深い低音で吹いていてとても気持ちがいいです。これだとバリトンで「ロンドンデリーの歌」や「シチリアーノ」ができます。是非試してみてください。  今、秋田の杉、そして長野のWOODWORK「SASAKI」製の山桜があります。秋田杉はホンワカと柔らかい低音、SASAKI製はしっかりした低音が出ます。どちらもいい。また片手コカリナは音程をしっかりしたものにしなければならないため、少し堅い木、ケヤキで作られています。これは三重県のカヌー作りが本職の大和さんが製作してくれています。右手用、左手用とあります。もともと片手が不自由な方のために考案されたものですが、健常者の方は両方使って重音演奏もできます。 よろしかったらお試し下さい。


うちのサークル

森の魔術師グループ
【愛知県 黒田】

 はじめまして。森の魔術師グループと申します。愛知県小牧市と岐阜県可児市が拠点です。 結成は今年の8月。三重県のコカリナフェスティバルに初めて演奏するということで結成されました。  このユニークなグループ名は中本由美子さんがつけたもの。みんなとても気に入っているのですが、なんせ平均年齢が高いので森の魔女だの、森のおばさんだのと陰口を叩かれておりますが、なんのその。  フェスティバルでたった3人しかいなかったグループがいまは男女子供ふくめて15人にもなりました。(予備軍はもっとおります。)  これもフェスティバルで演奏された他府県のグループや合奏団の方のすばらしい響きに圧倒され、われわれも頑張らねばと発奮した結果 です。  フェスティバルでの森の魔術師グループの演奏はお世辞にも上手ではなかったかもしれませんが、せめて、型から入ろうということでプリントアウトして揃えたTシャツが注目を集めたので、ちょっとご自慢でした。  今は11月16日に行われる小牧で初めての黒坂黒太郎コカリナコンサートの練習に励んでいます。(この通 信が出る頃は終わっていると思いますが。)中学校の音楽の先生も引き込み、いつのまにか指導者にしてしまうという、強引さはやはり森の魔女かもしれません。  コカリナと出会って以来ますます、コカリナに魅せられていくのが不思議でなりません。  もっと仲間を増やし、レパートリーも少しずつ増やして、演奏する機会をたくさん求めて活動の輪を広げて行こうと意欲を燃やしている、元気な森の魔術師グループです。 これからもよろしくおねがいしまーす。

 

「コカリナ・フェスティバルin 奥伊勢」に参加して
奈良大和コカリナ合奏団


 9月15日・16日、奥伊勢フォレストピアで開催された「コカリナ・フェスティバルin 奥伊勢」に、奈良大和コカリナ合奏団・団員18名、保護者14名、合計32名で参加しました。  生憎の雨で、野外ステージでの演奏は中止となりましたが、奈良から同行して下さった織田小学校の先生方に見守られながら、木の温もりに溢れた宮川小学校体育館で演奏できたことを、とても嬉しく思っています。子ども達は、地元でコカリナ愛奏者の方々の演奏を聴く機会も、お会いする機会も無かったので、本当に良い経験をさせて頂きました。また、交流会や記念植樹、オプション・ツアー、盛りだくさんの企画の合間を縫い、(私の監視の目を盗んで)日本一の水質を誇る宮川の清流で、季節はずれの水泳(下着のまま!)を父子で楽しんだり、釣った魚を川辺で焼いて食べたり、恵まれた自然を思い切り満喫して、有意義な2日間を過ごせたことも、子ども達の心に強く残ったようです。  近畿圏のコカリナ愛奏者は、まだまだ少ないことを実感しましたが、これから、どんどんコカリナの輪を広げるべく、コカリナを吹き続けたいと願い、「来年もまた来ようね。」と、子ども達と話しながら、帰路につきました。



60歳以上の方の為の シニアコカリナ講座


開 講 日 2002年1月24日(木)
時  間 1時間目 14:00〜15:00 講師/たつの素子 先生
         (身体と心を解かそう)
    2時間目 15:00〜16:00 講師/大畑 稔 先生
         (バリトンコカリナによるレッスン)
受講内容 心と身体をゆるめた後に、バリトンコカリナを使ってレッスン。
対  象 60歳以上の初心者の方
持 ち 物 バリトンコカリナ(お持ちでない方は別途販売致します)
     バスタオル 入 会 金 2,000円
受 講 料 (一回当たり4,000円)月額8,000円
     (バリトンコカリナ代は別途¥7,500)
場  所 黒坂音楽工房 レッスン室
講座回数 連続8回
受 講 日 2月14日・2月28日 3月14日・3月28日
     4月11日・4月25日 5月9日の予定!

何か1つでも楽器が演奏できたら?と思っていた貴方。 今更無理よと尻込みしている貴女。 心と身体をゆるめながら、深い呼吸をしてみましょう。 思っていたよりずっと楽にコカリナが吹けるようになります。 まずは、お友達と一緒にはじめの一歩。

講師プロフィール

たつの素子(もとこ) 和歌山県新宮市出身。 武蔵野音楽大学声楽科卒。 1973年 小さな音楽グループ「花かご」結成。 1975年 統一劇場入団。 1994年 現代座退団。 小班から大舞台、コンサートと様々な創造活動の体験を生かし、客席と共鳴し共感しあう「劇場」を目指している。赤ん坊からおじいちゃん・おばあちゃんまでを対象にした、幅広いレパートリーが特徴。うた語りや手話をつけた歌など、演劇的な要素を取り入れた立体的なコンサートを企画している。退団後はコンサートという形に捕らわれず、ふれあい音楽講座・歌う会・声のワーク・声の教室・コーラス指導等々、幅広く人と関わる仕事をしている。

大畑 稔(おおはた みのる) 高校卒業後、劇団「現代座」にて芝居を学ぶ。舞台を経験後、4年前にコカリナに出会い講師の道に入る。台東区主催で行われた「台東ネイチャーサウンドフォーラム」では、専任講師を務め、太田裕美さんとのジョイントコンサートを成功に導く。現在、コカリナ協会主催のコカリナ講座や、船橋西部公民館・松戸青少年会館の専任講師を務め、各地で活躍中。日本コカリナ協会公認講師。


製作者 紹介

信州コカリナ工房 夢乃里
坂本乃里子さん

 コカリナは人間の言葉を動物語に翻訳してくれる不思議な楽器なのかもしれません。 裏山に住んでいるカモシカの親子は、コカリナの音色に走る足を止めて耳をピクピクさせながら聴き入ってくれます。また、隣の竹やぶにスイ−トホ−ムのあるキジ夫婦は「ケ−ンケ−ン」とコカリナにこたえてくれ、まるで動物達と話をしているような気持ちになります。 1998年オリンピックの時、私たち長野コカリナ合奏団は表彰式会場などで演奏させていただきました。2月の長野はとても寒く、コカリナを持つ手も凍えそうでしたが、心の中は雪をも溶かさんばかりの温かさでした。オリンピック開催期間中、長野は色々な国の言葉が飛び交う多国籍都市となりましたが、コカリナの音色には国境がありませんでした。  長野オリンピックは私達に大きな夢と感動を与えてくれました。この貴重な経験を21世紀のオリンピックにつなげていきたいと思っていましたところ、信州大学で創業する事を条件に音楽療法などの共同研究をしてくださる事が決まり、"信州コカリナ工房 夢乃里"を開業しました。信州大学の"信州"と私の名前から"乃里"、そして大好きな言葉"夢"を付けました。先日読んだ本に「人生に夢があるのではない。夢が人生を創るのです。」とありました。世界中の子供達が、テロや戦争の不安におびえる事のない"夢が輝く平和な地球"になりますように・・・。  オリンピックを機に"長野"は"NAGANO"に変わったと言われます。長野オリンピックの遺産"世界平和"のメッセ−ジをコカリナの音色にのせて響かせ続けたいと思います。 やがて、世界中の人々が"私達のふるさと地球"を愛し、争いを止め、仲良く一緒にコカリナを吹く日が来ることを夢見て・・・!


協会よりお知らせ

●友の会有効期限が迫っている方(01023までの方)には、会費納入用の振り込み用紙を同封させて頂きましたので、宜しくお願い致します。

第2回 東京コカリナ・フェスティバル開催に向けて

<フェス参加団体募集>
2002年1月12日(土)13:00〜東京・江東区に於いて
第2回の東京コカリナフェスティバルが開催されます


町田で行われた第1回目は、参加サークルが15サークルでしたが、その後雨後の竹の子の様にサークルが増えました。今では35を越すサークルが東京近辺で活躍されています。まだまだ協会にサークルの報告をされていないけれど、うちのサークルも出てみたい!!という千葉・東京・埼玉 ・神奈川のサークルの方、1団体2曲程しかお時間は取れませんが早速コカリナ協会までお申し込み下さい。
申し込み締め切りは11月末日まで。 [団体名]・[参加人数]・[代表者氏名]・[連絡先]・[発表曲2曲]を、電話・ファックスでお申し込み下さい。


編集後記
●コカリナの底のナンバーは いつ・製作者・材質がわかります。あなたの大切なコカリナの生まれが知りたい方お問い合わせ下さい。(T)
●文化の秋、各地のコカリナサークルでも文化行事が目白押し。楽しいご報告を「コカリナ通 信」・「ホームページ/掲示板」でお待ちしています。(O)
●秋から冬にむかうと、なぜか心さびしく感じます。暖めてくれるものは・・・鍋?(I)
●コカリナフェスティバル・番外編  奥伊勢フェスの2日目終了後に宮川村役場主催の「稲刈り」に参加しました。愛知・小牧のコカリナサークルの方とご一緒させて頂いてとても楽しいひとときでした。11月初めに新米が3?も届きました。(K)


このページのトップへ▲