日本コカリナ協会

コカリナが奏でる木の優しい音色

   

*

コカリナとは

皆さんは、木だけで作られた小さくて、かわいらしい形をしたコカリナと言う楽器をご存知ですか?

コカリナはもとは「桜の木のオカリナ」と呼ばれた、東欧ハンガリーの露店で売られていた木の笛でした。その木の笛は、ハンガリーではそんなにメジャーな楽器ではなかったようです。

現在、コカリナの第一人者として活躍している黒坂黒太郎が1995年に東欧ハンガリーと交流する中で出会い、この笛の「音色」に強く心を惹かれたのです。

その後、日本の木工職人さんたちとで研究に研究を重ね、試行錯誤を繰り返しながら音程・音色を安定させて、精度の高い楽器として完成させました。

黒坂黒太郎はその小さな木の笛を「コカリナ」と命名しました。それは「木で作られた小さなオカリナ」ということに由来しています。

1995年のことです。

コカリナは前に4つ、後ろに2つ、合計6つの穴しか開いていません。

左右6本の指だけ、それも動かしにくい薬指や小指は使いませんので、小さなお子さんや、高齢の方まで幅広い世代の方が楽しむことができます。

簡単な曲であれば数日でマスターすることもできることから、今では国内に数万人の愛好家がいます。

小さいコカリナであればポケットに入れて、首にぶらさげて、どこへでも持っていき、吹くことができます。

コカリナを首から下げた様子

コカリナの生みの親、黒坂黒太郎はコカリナの音色を「木の中を風が通り抜ける音」と表現しています。

「これほどまでに木の持っているやさしさを表現できる楽器はない」「木の妖精が歌っているようだ」と森林を保護する人々、アウトドアスポーツをする人々にも人気があります。環境と音楽が結びついた今の時代にマッチした楽器でもあります。

現在、改良が加えられ、胡桃や桜、杉、椎の木など様々な種類の木で、様々な大きさのコカリナが開発され、多くの愛好家によって全国各地で豊かな「木の音色」が奏でられています。

 

音色を聴いた人を魅了する「コカリナ」

木が奏でる優しい音の世界を感じてみませんか?

 

公開日:
最終更新日:2021/03/02