日本コカリナ協会

コカリナが奏でる木の優しい音色

   

*

バリトン・トリプル(クルミ製)

      2021/06/25

中央に位置するのは、バリトンコカリナ(主管)

これに真鍮の長ネジが通り、

主管の両脇にサブ管(低音管R1・高音管L1)が接続されます。

音域は、ラから上のファ# まで。

低音管と高音管の音をきれいに演奏するには、若干技術が必要になります。

 

広葉樹と針葉樹では、木のやわらかさに差があり

秋田杉の比較的柔らかな音と比べて

広葉樹であるクルミは比較的しっかりとした音、という特徴があります。

 

コカリナミニ教則本、布製コカリナケース、オリジナルストラップ付き

バリトン・トリプル(クルミ製)

ジョイント用ストラップ

 -