日本コカリナ協会

コカリナが奏でる木の優しい音色

   

*

アルト・トリプルコカリナ

      2021/06/11

アルトコカリナ(G管)の音域を広げるために、低音管と高音管を連結しました。

連結方法は、バリトントリプルやジョイント式のソプラノ4連などど同じように棒を通してネジで両側から締める形になります。

演奏できる音域は、アルトの音域(Gから1オクターブ上のAまで)に加えて、さらに低音管で低音のEまで、高音管で高音のCの音が出ます。

アルトコカリナそのものの音域は、非常に心地よく響くため単体で演奏する場合などとても人気のある商品です。

コカリナミニ教則本と布製コカリナケース付き、首から下げるためのストラップがついています。

材質は、クルミ(ウォールナット)と桜があります。材質指定の方は備考欄にご記入下さい。

(写真のコカリナはクルミ(ウォールナット)です)

 -